読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

ToDoリストをつぶす快感。あなたはもう味わった?【超簡単な5つのコツ】

勉強法、テスト対策 夢を見つける、夢をかなえる 幸せに生きる

こんにちは。

今日はめっちゃゆっくりしてしまいました。これから、気持ちを切り替えて頑張るまこっちゃんです。こんな自分にも、マル!!!

makoto-taira.hatenablog.com

 

今日は、ToDoリストをつぶす快感を得る、超簡単な5つのコツについてです。

あなたはもう味わいましたか?

f:id:makoto_taira:20160416170816j:plain

 

ToDoリストを作って、つぶす楽しさを得ることは、勉強の習慣化にも繋がります。

makoto-taira.hatenablog.com

この場合のToDoリストは、その日やることを書いて、できたら消すだけのシンプルなものです。

これからやってみる人のための、5つのコツをご紹介します。

  1. 朝に書く
  2. まずは5個くらいにする
  3. ポジティブなことだけかく
  4. 具体的な項目、キーワードを書く
  5. できることだけリストにする

一つひとつ見ていきたいと思います。

 

1.朝に書く

その日やることは、その日の朝に書きましょう。その日のコンディションにもよります。また朝は、やることを考える、ということに向いている時間です。

makoto-taira.hatenablog.com

できた項目は、できた時や夜に、つぶします。

何ができたか後でわかるように、1本の線で消すのがいいです。

書く場所はどこでもいいですが、毎日の積み重ねがわかりやすいように、小さいメモ帳やノート、スケジュール帳などを使うことをおすすめします。

 

2.まずは5個くらいにする

リストの項目は多すぎると負担になります。

逆に少なすぎても、モチベーションが下がります。

まずは5個くらいでやってみましょう!

 

3.ポジティブなことだけ書く

ToDoリストも、やるべきこと、仕事や勉強だけだと、大変です。

例えば5個のうち3個を勉強にしたら、残りの2個は、「ただやりたいこと」にします。

「漫画を読んで、気持ちを奮い立たせる」「シュークリームを食べて幸せを感じる」など、自分にとってポジティブなことを書くことで、小さな達成感を得て、リストをつぶす快感を味わいましょう。

感情と記憶は連動しているため、楽しいことを書いておくと、勉強に関する記憶も呼び起こしやすくなるそうです。

 

4.具体的な項目、キーワードを書く

悪い例:数学の勉強

よい例:二次方程式 課題ワーク1ページ

 

具体的かつ端的にかきます。質や量だけでなく、何を学びたいのか、何を身につけたいのかをはっきり書きます。

こうすることで、「昨日や、先週のリストを見ながら、勉強した内容を思い出す」ということができます。

リストを書いてつぶすことに慣れてきたら、復習として、「昨日と1週間前」を思い出すことをまこっちゃんはおすすめします。

 

5.できることだけリストにする

これ何パーセントくらいできそうかな?と考えた時に、80%以上くらいがいいです。

あまり難しすぎるのも、続かない原因になってしまいます。

まずは、ハードルを下げまくることが大事です。その日の最低限のことをリストにしましょう。

リストを書いてつぶす、ということに慣れてしまえば、徐々にできることも広がっていきます。

小さな達成感を得ながら、毎日成長することができます。

 

 

いかがでしたか?

やっていないあなたは、ぜひこの機会にやってみましょう。

すでに、ToDoリストを書いて、消すことを楽しんでいるあなたは、

ぜひ僕も含めた皆さんのために、「やってよかったこと」をコメントしてくださればうれしいです!

 

今日の話は、この本の内容を参考にさせていただきました。

佐藤大和さん、素敵な本をありがとうございます。

 

今日も超リラックスできた1日に感謝。

読んでくださってありがとうございます。