一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

いかに狭い世界を、ある視点からのみの正解を、信じ込まされてきたか。

https://www.instagram.com/p/BbWef8vlU-x/

おはようございます。

今日は1:39に目が覚めた。まさかの展開。

このまま定着しそうでかなり嬉しい。

実は不食10日行も実践中、口にするのは水、塩、油のみ。(時々液体のナニカ)

食べないとパフォーマンス上がるのを、超実感している。

100日行3日目、今日の内容は

「神と人間との正しい関係」

ピンときた内容引用

”天”とは雲の上のお空のことであり、”神”は雲上のお空に住んでいて…

謂わば、全くフィルムが何処にあるかもわからないでいたのであるから、映画が完全に映らないのも無理はないわけなのである。

神は雲上にい給うて、人間に罰を与え給うものだということを心に描いて、神に対して祈っておれば、その「罰を与え給う」という想念がフィルムにになって、現象界にそれが映画されて来て、現象界の吾々の人生に不幸や災難や病気があらわれて来るのは当然のことだといわなければならないのである。

 

フィルムがなければ映画は映らない。

人生を映画とするならば、フィルムとは何だろうか。

 

今の自分から出てくるものは、

顕在意識・潜在意識の両方から出てくる「望み」かな。

そしてそれが全て叶っているのがこの現実、という量子論的視点が、

今回の内容ともキレイに重なる。

 

正しい願い方が難しい一方で、最強の方法がある。

それは、

イメージ。

変に言語化して、逆になってしまうのならば、

イメージを膨らませよう。

そして五感で、叶った状況を想像しよう。

 

僕はどういうわけか、

2年後には朝日が見える海沿いに住んでいるみたいだ。

そして、その先と、

細分化したプロセスをイメージする。

(細分化の先は、再分配。自分が、周りが、世界が、喜びに溢れる。)

 

この世界は、加速している、と感じている。

現実化の流れの、はやいことはやいこと。

ってことは、やっぱり、まだまだ遊べるんだよね。

 

神は雲上にい給うて、人間に罰を与え給うものだということを心に描いて、神に対して祈っておれば、その「罰を与え給う」という想念がフィルムにになって、現象界にそれが映画されて来て、現象界の吾々の人生に不幸や災難や病気があらわれて来るのは当然のこと

こういう勘違いや、もしくは”常識”と信じて疑わないことが、実は全く違ってたやん!

ってことは、現代社会を生きていればよくあること、なのではないでしょうか。

 

逆に言うと、いかに狭い世界を、ある視点からのみの正解を、信じ込まされてきたか。

教育もメディアも、そもそも大脳社会が、自然と調和できない、

ってことなんだろうと僕は思っている。

コントロールする人からすれば、

もちろん今は都合がいいのだろうけれど。

とはいえ、今のシステムの限界は見えてきている。

いろんな不正や事故なくしては、経済が成長し続けられないのだから。

 

だからって、戦争経済をまわす?

核をもって、常任理事国の仲間入りして、大国を目指す?

ちがうでしょう。

日本にはまだ、中小国として自立して、自然と共存できる道がある。

ありがたいご縁の中で、人生の流れの中で、僕はそう思っている。

 

こういう「支配構造」みたいな話だって、ただただ否定しても仕方がない。

ある意味それぞれが望んだ結果。

とすれば、主導権は自分にあることを、思い出せることになる。

自分自身によって、現実は動くんだよね。

 

誰かのせいにすることは、実は自分が疲れるし、ナンセンス。

これについては、昨日たまたま開いた本に素晴らしい内容がありました。

またシェアします。

 

話を戻して、

いかにいろんな「固定概念」にしがみつき、

感情に囚われ、悩み苦しみ、選択肢が狭まってしまっているか。

固定概念が取れるたびに、世界が広がる。

選択肢が増えて豊かになる。

自分にとって、最大の

そんな学びの時間がこれです。

112255horumonryugi.hatenablog.jp

いよいよ明日だけどね。

もしあなたが、明日行けなくはないならば、運命だね。

ステマステマ。笑

だけど、心から、おすすめです!

 

今日もご覧いただき、ありがとうございます。

ほんと面白い世界に感謝。

 

まこっちゃん

 

 

 

栄える生活365章

栄える生活365章

 

2017,12,20追記
友人がくれたコメントのせます。
素敵なコメントに感謝。


まさに映画ですよね〜。ワンシーン、瞬間瞬間の絵でしかなくて、フィルムは…観念かな😊
この映画♪何でもないものを、言葉と観念で作りあげてる、脳が認識してる世界なだけだからぁ。
この「個の私」と思ってる「私」は出演者で、観客で、監督。で、ほんとのとこは(ほんともほんとでないもないけど)スクリーン自体だよっ♪
「私」を通して、五感と言葉、観念で織り成す「人間世界劇」を上映してます♪現れがそのまんま現れてるだけ、五感で感じるなら五感そのものでしかないんですけどね☺️✨先日のワンシーンで感じた感覚、なるなるです。

東根に遊びにいきます。
よろしくです〜♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪