一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

毎日1冊読書をやめて気付いたこと。半端ないメリットをあなたにお届け「本は忙しくても読むもんやで」

おはようございます。最近崩れていた生活がなおったまこっちゃんです。うん、自分らしい!

今日はやっぱり本はすごい、そして毎日読もう、と心から思いましたので、その経験をシェアしたいと思います。

f:id:makoto_taira:20160614063102j:plain

 

目次

 

毎日読書お休みしてました

僕は1日1冊読書記録をしていましたが、実はここ数日、お休みしていました。

makoto-taira.hatenadiary.jp

 

研究と仕事が忙しすぎて、「何かを捨てなければ」と考えた結果でした。

しかし今思えば、読書は僕にとって、捨てられないものだったみたいです。

 

なぜなら、毎日本を読むことは、いいことがありすぎるから。

 

「やりたいことがわからない」

「ストレスでしんどい」

「問題を抱えている、解決策がわからない」

「何となくモヤモヤしている」

そんなあなたには特に、この文章の続きを読み進めてもらいたいと思います。

 

「本は忙しくても読むもんやで」

毎日本を読むことは、もう習慣になっていたようです。止めようと思っていたけど、やっぱり読もう、と思って本を開きました。

そして今日、朝からいい本を読めて幸せです。その話は明日書こうと思います。

幸せを感じながら、思い出しました。

僕に速読を教えてくれた友人の一言。

 

ある日、その友人と久しぶりに会った時。

彼はこう言いました。

「最近どんな本読んでる?」

僕は言いました。

「最近忙しくて、あんまり読めてないわ」

そして彼は、言いました。

「本は忙しくても読むもんやで」

 

僕は思った。超カッコいい。

 

「忙しい」とつい言ってしまうけれど、冷静に時間の使い方を見直してみると、何とかなるものなのだと思います。何か捨てられるものがあったり、なにかとなにかを同時にやったり、何かに時間をかけすぎてしまっていたり。

今朝改めて、「本は忙しくても読むものである。」

そう思いました。

 

毎日読むメリット

毎日読むメリットを、僕なりに3つにまとめてみました。

  • 学び続ける、学びをいかし続ける。
  • 心を整える、ストレスを抑える。
  • たくさん読める、広がり続ける

ひとつずつみていきたいと思います。

学び続ける、学びをいかし続ける。

一つはこれです。学び続け、学びをいかし続けるため。「学ぶ、疑似経験する」

という点で読書がいかに素晴らしいかは、この記事にまとめています。

makoto-taira.hatenablog.com

学び続け、学びをいかし続ければ、確実に人生はよりよくなります。

学ぶことそれ自体が楽しく、それをいかすということはつまり、感謝されること、笑顔になってもらうこと、貢献することだからです。

世のため人のために生きることは、結局自分の最高の充足感となり、自分の為になります。

世界に貢献しながら、一番幸せなのは自分なのです。

 

心を整える、ストレスをなくす。

次はこれです。心を整えて、ストレスをなくす。僕は今朝この効果を実感しました。

 

あなたは、毎日お風呂に入りますか?

日本人の多くは毎日、お風呂やシャワーで体をきれいにします。

あたりまえだよ!と思う方もいるのではないでしょうか。

 

では、心はどうですか?毎日、心をきれいにしていますか?

 

現代のストレス社会では、普通に生活しているだけでも心が汚れてしまいます。

多くの人は、その汚れに気付きません。もしくは、気付いていてもどうすればよいかがわかりません。

本を読んで、励まされたり、気付いたり、感動したりすることは、

心を整えることになります。

 

本を読んでいると、「運命の本」と呼べるような本との出会いが必ずあります。

そんな本は、表紙を見るだけでも感動がよみがえり、心が洗い流されます。

毎朝素晴らしい本たちと出会うことで、ストレスがなくなり、わくわく過ごせているのだな、と思いました。

 

たくさん読める、広がり続ける

毎日読むことで、たくさん読むことができます。

素晴らしい時間の使い方は、習慣化するのがいいですね。

僕も習慣化していたからこそ、今日本を手に取り、大切なことを思い出すことができました。

本をあまり読まない人にとって、「読書」のハードルって、結構高いと思います。

でも、読書は、テキトーでOKです。最初から最後まで読む必要もなければ、一字一句逃さずに、すべて理解する必要もありません。

これは僕の個人的な考えですが、

もしも僕が本だったら、

「最後までしっかり全部読まなきゃ!」と思いながらあまり手に取ってもらえないよりも、

「テキトーでいい。何かにいかそう!」と思いながらどんどん読んでほしいと思います。めちゃめちゃに折ったり、書き込んだり、破ったりしてもいいよ!って思います。

なぜなら、あなたが実際の生活の中で役立てて、誰かを笑顔にしてくれたら、それでいいよ。って思ってるからです。

僕が本なら、ですよ。笑

 

読書のハードルをぶっ壊して、誰でも速読できるようになるのはこの記事です。

makoto-taira.hatenablog.com

そしてたくさん読むことで、世界は広がり続けます。

アイディアは湯水のように溢れ、文章力も自然に上がります。

僕が最近、フリーコピーライターとして活動できるようになったのも、多読のおかげだと思います。自分でもびっくりしています。

そして、小説を書くという新たな夢も見つかりました。

 

やりたいことも増え続けています。今の時点でも、将来やりたいこととして、20個以上収入の軸になりそうなことを企んでいます。笑

そのうちのいくつかを今全力で取り組んでいる、幸せなことです。

 

まとめ

本を読めば、何があっても大丈夫。

僕は長年こう思っていました。

そして今の僕は、

本を読んで、その学びをいかし続ければ、何があっても大丈夫。

そう思っています。行動するのが大事、ということです。大量行動で自分の才能も見つかるし、好きなことや嫌いなことも見つかるし、やりたいことも見つかります。

でも本を読まない人にとっては、本を読むことそれ自体が、素晴らしい行動だと思います。

思いがけず長くなってしまいましたが、あなたのお役にたてたら嬉しいです。

 

まとまっているのか微妙ですが、まとめとします。

この記事はたくさんの人が読んでくれたら嬉しいな。

今日も素晴らしい朝に感謝。

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございます!