一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

【異世界への入口】あなた次第で、どこでもドアともしもボックスと、タイムマシンが手に入るなら・・・?

おはようございます。今日は、名古屋でとっても楽しみな講演会があります。

超わくわくしてる、まこっちゃんです。

 

さて、ドラえもんって、知っていますか?

f:id:makoto_taira:20160412084508j:plain

知ってる前提で続き書かせていただきますね・・・笑

知らない人がいたら、ごめんなさい。コメントで解説させていただきます!

 

ドラえもんの道具、欲しいですよね。

 

あなたが一番欲しい道具はなんですか?

僕は、この3つが魅力的だなぁ、と思います。

  • どこでもドア(どこにでもワープできる秘密のドア)
  • もしもボックス(異世界を作れる秘密のボックス)
  • タイムマシン(過去にも未来にも行ける)

 

この3つ、もし手に入るとしたら、どう思いますか?

わくわくしますね。

 

結論から言うと、完全に機能する、この道具を手に入れることは、現状不可能です。

 

しかし、あなた次第で、この機能の1部を使うことは出来るんです。

 

でも、この秘密を知らない人が、世の中にはいっぱいいます。

 

僕はこの道具の、ほんの1部の機能は、使うことができるようになりました。

この機能をさらにたくさん使えるように、楽しんで頑張っている途中、といったところです。

 

でも、今の僕のレベルでも、めっちゃわくわくしたり、泣いたり笑ったり、いろいろな経験をしました。たくさんのことを学びました。

異世界で。

 

実は異世界の入口は、数えきれないほどあります。

しかし、それを「異世界への入口」だと思っている人は、ほとんどいないと思います。

 

さっき、あなた次第で、と言いました。

あなたが、どうやったら異世界でいろいろな体験をできるのか。

 

あなたがやるべきこと、それは・・・

 

本を読むことです。

 

びっくりしましたか?がっかりしましたか?

ちゃんと説明するので、安心してくださいね。

僕も含めて、いろいろな人たちが、読書という手段を使って、異世界でさまざまな経験をしているのは事実です。

 

順番に見ていきますね。

 

どこでもドアとしての読書

僕はいま日本にいます。

しかし、本の中の世界は、世界中、時には宇宙や、異世界にも広がっています。日本にいながら、本という道具を使って、どこにでも行けます。行った先で感じたり考えたり、学んだりできます。

いろいろな人と出会ったり、笑ったり泣いたりもするでしょう。

これは本に限らず、漫画やアニメ、映画も同じです。

 

しかし明らかに本が優れている点が、1つあります。

それは、本は想像力が全てだ、ということです。

 

本は、いうなればただの活字の集合体です。

その文章から、何を感じ、何を経験し、何を学ぶのかは、あなた次第です。

 

映画やアニメ、などは、映像が見えるし、声も聞こえますよね。あなたはただ見ているだけでも、楽しむことができます。受動的、と言えると思います。

それに比べ本の場合、なにもみえないし、聞こえない。能動的に向き合わないと、楽しむことすらできない。しかし、無限の可能性があります。

 

もちろん、今までほとんど本を読まなかった人が、いきなり異世界の旅を楽しめるレベルに「イメージ」を働かせることができることができるか、といわれたら、難しいと思います。

しかし本を読めば、誰でも「イメージする力」を鍛えることができます。

 

もちろん、映画やアニメ、漫画が悪いと言っているわけではありません。

世界や、音がイメージしやすかったり、誰でも楽しみやすかったり、良いこともいっぱいあると思います。

想像の余地は、映画やアニメにもあります。そういう意味では、映画やアニメにも「どこでもドア」としての一面があると思います。

僕は映画、アニメや漫画も大好きです。最近は本が好きすぎてあまり読めていません。

オススメがあればぜひコメントくださいね。

 

もしもボックスとしての読書

あなたもご存じのとおり、本や漫画の世界は、現実世界が舞台の話だけではありません。

腕がのびたり、おばけと友達になったり、巨人が進撃してたり、(笑)

いろいろな世界がありますよね。

現実だとあり得ない、世界。

それこそもしもボックスがないと、普通なら経験できないでしょう。

 

しかし読書の世界の中で、経験することはできます。

 

世の中には数えきれない本があります。

その本の数だけ、世界があります。

 

また、世の中には、たくさんの人がいます。

日本だけでも1億人以上、ですよね。

 

そして驚くことに、人の数だけ、世界があります。

 

例えば私とあなたが、同じ本を読んでも、

その本の中で、何が聞こえて、何が見えて、どんなふうに感じたのか。

人それぞれ違います。

また同じ自分でも、時がたてば受ける影響や、感じ方が変わります。

すごい数の異世界があると、思いませんか?

イメージの力がどんどん鍛えられることで、本がなくても、「もしもボックスの世界」を疑似経験することは出来ると思います。

またイメージの力が強いと、夢も叶いやすくなります。

欲しい結果を、具体的にイメージできるからです。

 

makoto-taira.hatenablog.com

 

タイムマシンとしての読書

最後に、タイムマシンです。

とってもありがたいことに、「過去に実際に書かれた本」は数えきれないほどあります。

その本を書いた人が、感じたこと、考えたこと、学んだこと、全て本に書いてくれています。

その人が人生をかけて、得たことも、たった1000円ちょっとくらいの本に、書かれているんです。

安すぎる、と、僕は思います。

過去に戻ることは出来ません。しかし、過去を疑似体験し、学ぶことはできます。

 

そして嬉しいことに、未来にも行けます。

僕は数カ月前、2055年に行ってきました。やっぱり、便利な世界になっていましたね。

僕は、もうぼろぼろ泣いてしまうような、ステキな経験をしました。

そして、めっちゃがんばれる力、をこの経験からもらいました。

 

書斎の鍵 (父が遺した「人生の奇跡」)

書斎の鍵 (父が遺した「人生の奇跡」)

この本は、ストーリー形式でいてとても読みやすく、人生で大切なたくさんのことを学べる本です。そして、「本が読みたくなる本」でもあります。

がっつり紹介すると3000字超えると思うので、省略します。笑

 

話は変わりますが、僕は

バックトゥザフューチャーという映画が大好きです。

あの中でも、過去や未来に行く疑似経験ができますね。あの世界の中でも、映像になっていない部分を、想像力を働かせて楽しむことは出来ます。

映画にも、タイムマシンとしての1面もあると言えると思います。

 

いかがでしたか?

僕が1番言いたいのは、これだけ。

 

「本を読もう」

 

本って、別に最初から最後まで読まなくてもいいと思います。

適当にぱらっとめくって、そこを読むだけでもいい。

たくさん時間をかけなくてもいい。数分だけ読んで、やめてもいい。

長い文章を読むのが苦手な人は、絵本でもいい。漫画でもいい。

 

とにかく、ぜひ1冊手に取って、読んでみてください。

少しずつでもいいんです。確実に、あなたの「イメージする力」は鍛えられていきます。

 

そして面白い本があったら、ここにぜひコメントしてください!!!

あ、すでにお勧めの本がある人も、気軽にコメントお願いしますね。

 

最後に中高生のお母さんへ。

本を読む習慣をつけると、

確実に成績が上がります。

全教科に関わるといっても、過言ではありません。

そして、読書を通しての学びは、

高校受験にも役立ちます。

大学受験にも役立ちます。

就職活動にも役立ちます。

仕事にも役立ちます。

趣味も広がり、深まります。

家庭生活にも役立ちます。

ひいては、よい人生に繋がります。幸せに繋がります。

これはまず間違いありません。

 

まずは、1日1ページでもいい。

まだまだいけそうなら、5ページ、10ページにしてもいい。

ぜひ、今日から読書の習慣化、トライしてみてください。

 

もしあなたがあまり本を読まないのなら、

ぜひ親子で一緒に、楽しくどうぞ。

makoto-taira.hatenablog.com

 

 

今日も異世界の入口に囲まれ、わくわくできる1日に感謝。

読んでくださって、ありがとうございます!

コメント、シェア、ブクマ、ランキング投票など、励みになっています。感謝。