一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

現実は全て幻想。だとすれば、自由に思い込んで進めばいい

https://www.instagram.com/p/BaTeJGblyZr/

こんばんは。
今日は大阪に出張、
おかげさまで、素敵なご縁と学びをたくさん、
いただきました。感謝。

本命商品をもつこと、
ビジネスモデルを改善すること、
お金について学ぶこと、などなど、

いろいろやれること、
やりたいことが見えてきました。
あとはやるだけ。
ものすごい応援に、改めて感謝いたします。

さて、100日行8日目です。

今日の内容は

「常に"光"とともにある自己を自覚せよ」



ピンときた内容引用

罪は既に無いのである。
罪はただ自分の心の中に描かれている妄想に過ぎないのである。
そしてその妄想によって自己暗示された人間が、
罪の行為を暗示感応現象として行うに過ぎないのである。

ほんと、そうだなと思います。

悩みとか問題も、自分がつくりだしている。
自分を責めることで、進めるなら責めればいい。
だけど、それがマイナスに働くと思うのなら、
ただやめればいい。

悩みの多くは、
過去とか未来とか、悩まなくてもいいことについて考えすぎている
というケースが多いと思う。

(とはいえ、悩むことも絶対重要。進めるチャンスだから。)


今この瞬間に、
すむ場所があり、食べれる状況があり、
心許せる仲間がいる、それだけでまずはOKなのかなと。

生きていることは、いかされていること。

だったら、生きているだけでまずは幸せといっちゃっていいのではないかと、思います。

結局、
現実に対する自分自身の解釈によって、今がある。

言ってしまえば、思い込みによって、現実がつくられている。

自分の思い込みたいように、思い込む能力って、
結構重要だと思います。

辛いことも苦しいことも、それを通して自分自身が進むヒントがある。
だから、その現実が起きてくれている。

そう考えると、全てが感謝になる。


そういえば、
自分を責める状態ってどういうことなの?

という疑問に対する素晴らしい答えと先日出会いました。

自分を責める=過去の自分の判断に対して、今の自分は違うと思っている

つまり、過去に対して進めた自分がいなければ、自分を責めることはできない。

とすれば、
自分を責めるということも、悪くない。

自分を責めるという、状態を
ある意味冷静に、俯瞰してとらえられたら、

自分自身として進みやすいのだろう、
と思っています。


今日も学び多き一日に感謝。

ご覧いただき、ありがとうございます。

まこっちゃん

これが言いたかった!がっつりリライト・校正します ビシッと言いたいことを伝えたいあなたへ。その先の結果も加速!