読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

僕は世界一のしあわせものだ!!!【あなたに感謝を込めて】【雑記注意】

自己紹介 価値観 幸せに生きる 好きなように書かせてくださいシリーズ

おはようございます。

f:id:makoto_taira:20160409071430j:plain

まずはじめにひとこと、言わせてください。

いつもの僕は、届けたい人、必要としている人をイメージしながら、その人のお役に立てるように、文章を書きます。

このブログが、幸せのきっかけになるといいな、そんな思いで書きます。

 

今日の僕は、今日だけは、何も考えずに、書きたいことを書かせてください。

今あふれるこの気持ちを、このブログに、ぶつけさせてください。

文字数とかどうなるのか、見当が付きません。

今までで一番長くなると思います。

 

その前提の上で、お付き合いしていただける方、ご覧ください。

 

先に、あなたに伝えたい、一番大事なことだけ言いますね。

ありがとうございます。僕はいま、自分は世界一幸せだ、と思っています。

そしてそう思えたことは、今この文章を読んでくださっている、あなたのおかげでもあります。感謝の気持ちでいっぱいです。本当に、ありがとうございます。

 

今まで僕と関わってくれた人、もちろんあなたも含めて。

一人でもかけていたら、今の僕はなかったかもしれない。

本当に、ありがとうございます。

今の僕の感謝の気持ちは、過去を含めた全人類に広がっています。

なぜなら、僕と直接かかわっていない人も、間接的にかかわっていると思うからです。

 

どういうことかというと、

僕が今まで出会った人のおかげで、今の自分があるのと同じように、

僕と関わってくれた人の人生も、その人と関わってくれた全ての人のおかげで、存在しているわけです。

 

世の中のすべての関わり合いの中で、複雑に絡み合って、

今の自分があると思うのです。

 

僕は超ポジティブだし、日常的に幸せを感じています。

しかし今日の幸せは、ちょっと違います。いや、かなり違います。

 

この感情を今僕が持っているのは、

過去の方も含めた、この世のすべての、あなたのおかげです。

本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

さて、そろそろ、

「何がそんなに幸せなの?」

という話に移りたいと思います。

 

一言でいうなら、

心から大好きな会社と出会えて、その会社にプロポーズされた

ということです。

相思相愛だと思っています。書きながらちょっと恥ずかしいです。

もちろん、これからもっと魅力的な自分になるために、がんばります!

 

 

東京で2泊3日で開催された、数十社の説明を聞きまくる就活イベントで、この会社とお会いしました。イベントへの参加を決めた自分、ナイス!

  •   何よりも「経験」を重視する、考え方。
  • 「迷ったらやってみよう」という考え方。
  • 「皆と合わせなくてもいい。自分ひとりだけでも参加しよう」「お金と時間はどんどん未来の自分のために使おう」と思えたこと。

これらを含んだ自分にしてくれた、今まで出会った人と、本に、あらためて感謝。

おかげでこのイベントにも参加できて、この会社ともご縁があった。 

 

感謝に終わりはなさそうです。

たどっていくと、さっきも書いたけど、全人類への感謝につながるのだと、今まで生きてきて、初めて実感しています。

 

 

「面接は、お見合いである」

この会社の人事の方に、最初に言われました。

僕も、「面接はお見合いだ」と思っていました。

そして人事の方の、熱くて、わかりやすくて、想いが伝わってきた、説明。

そして創業した方をはじめとした方々のもつ、理念。

 

これらのおかげで、僕は最初から、「ありのままの自分」をさらけ出しました。

その方が、お互い話が早いと思って。笑

 

「私の強み」

「私の弱み」

「今まで学んできたこと」

「私が会社に求めるもの、会社での経験を通して得たいこと」

 

これらを、ありのままに、お見せしました。

自分用にまとめた、きたないメモで。笑

こんな就活してる人、なかなかいないだろうな。

 

 

人事の方の、「面接はお見合いだ」

あの一言がなければ、こんなことはできなかったと思います。

改めて、ありがとうございます。

 

そしてこの「ありのままの自分」に興味を持ってくださいました。

一緒にご飯を食べに行き、たくさん話して、たくさん聞けました。

夜行バスに乗り遅れそうになるくらい。あぶなかった。笑

 

そして創業した方と会わせていただけることになり、1週間ほど後に会社に行きました。

魅力あふれる素敵な方でした。この言葉を贈ってくださいました。

makoto-taira.hatenablog.com

ありがとうございます。

 

 

その後、ある事情があって、エントリーしない選択をとります。

エントリーしたいけど、できなかった。

本当に辛かった。いろいろなおもいが混じり合って、涙が止まりませんでした。

その時の僕は、会社に就職せずに、自分のビジネスをする、という選択をとろうとしていました。

夢が明確になった今、一人で自由にやる方が、まっすぐ夢に向かえると考えたからです。

こんなにも素敵で、大好きな会社に、エントリーしないんだから、

必ず夢をかなえる、そのために行動する、と決意しました。

 

その日の夜、見慣れない番号から電話がかかってきました。

 

人事の方でした。

僕の狭かった視野を広げてくださり、本気で僕に意見を言ってくださり、もう一度チャンスをいただけることになりました。

 

3日後までに、面接希望する場合は、連絡して、とのこと。

しかしこの時の僕は、たった3日でこの選択が、できる自信がありませんでした。

 

この電話の直後、ある方がSkype上で、コーチングセッションをしてくださいました。

奇跡的なタイミングです。

(名前出していいのかな、たぶん出していいと思うんだけど)

無料体験という形でしたので、90分、本来ならコーチング内容も決まっている中で、

最初にこう言ってくださいました。

「たいらさん、最近どうですか?」

僕は今将来の選択に困っているということを説明させていただきました。

 

この悩みに、本気で答えてくださいました。

コーチング内容を変更してくださり、僕のすごい奥の方の気持ちを引き出してくださいました。

おかげさまで、何が問題だったか、何が重要なのかを、こころから理解することができました。

そしてもう一度、心から納得して、エントリーさせていただくことを選びました。

改めて、ありがとうございます。

 

ドキドキしながら迎えた面接では、人事の方とも、創業された方とも、また違った、魅力あふれる方とお会いしました。

この本をすすめてくださいました。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

漫画版もあります。漫画版の2は、あらゆる問題、親子の意見の食い違いなども含めた問題の解決に、とても役に立ちます。ある事象を2つの視点から掘り下げていき、2人の条件を両方を満たす方法を論理的にみいだします。お勧めです。

ザ・ゴール2 コミック版

ザ・ゴール2 コミック版

そしてこの本も。

神様のカルテ (小学館文庫)

神様のカルテ (小学館文庫)

こちらの本はまだ読めていなくて、楽しみです。

素敵なお話、お勧めの本、ありがとうございます。

 

そしてすぐ連絡がいくといわれ、数日がたちました。

なかなか連絡が来なくて、どきどきしていました。

予定ではあと2回面接するという形になっていましたが、僕はこの時点でほぼ心が決まっていたので、けっこう焦っていました。

そしてそんな不安も杞憂におわり、人事の方から電話をいただき、内定しました。

 

 

そして昨日、内定式でした。

温かい雰囲気にあふれていました。

僕が特にうれしかったのは、内定通知書です。

内定者一人一人に、内定理由を書く会社があるのでしょうか?

僕は比べられないですが、この内定理由が特に、うれしかったです。

以下引用します。(許可をいただきました!笑)

 

【記:内定理由について】

面接等であなたが話してくれた、「『戦争のない世の中にしたい』という強い意志」、「毎日学び続ける意欲」、「ジャグリングサークルを立ち上げた行動力」他、多くの経験や考え方、そしてあなたの人間性。これらに当社は感銘し、当社が考える下記の要素を見出しました。

  • 目標に向かって行動を起こす力
  • 逆境、苦境においてそれを乗り越える力
  • ひたむきに最後まであきらめない力
  • 多様性を受け入れる素直さや包容力
  • 周囲の人を巻き込み、ベクトルを合わせるリーダーシップ
  • 目標達成のための、「萎えることなき闘争心」
  • 苦境を経験してきたからこそ持てる、「いたわりの心」

これらを評価させていただき、~~はあなたに内定を出します。

あなたがこれまでの経験と知識、そして今抱いている活力を十二分に発揮して、当社の業績に貢献されることを心より期待いたします。

 

僕に向けた内定理由を聞いて、胸が熱くなりました。

そして注目していただきたいのが、箇条書きの部分の下線です。

最初僕は、箇条書きの部分は、すでに決まっているものなのだろうな、と思いました。

そして直後、下線に気付きました。

痺れました。

僕が大切にしていること、見てほしいと思っているところ、全部伝わっているんだな、と思いました。

そしてその上で、「この船に乗ろうぜ!」と言ってくださっている。

幸せです。

 

もう僕は心から、この会社のファンです。

こちらの会社は、これからの時代の採用活動を先駆けているのかもしれない、とさえ思います。

あと1年、全力で自分のやりたいこと、やるべきことをやって、

この会社のためにも、めっちゃ成長します。

 

そして書いていて気が付きました。

なぜこんなにも、僕は幸せなのか。

たぶん、この上なく未来にわくわくしていて、

「夢がきっとかなう」と、心から思えているから

だと思います。

 

言葉にしきれない幸福感の中から、改めて宣言させてください。

私、たいらまことは、世界平和に貢献できる人間に、必ずなります。

自分の夢のため、成長し貢献するために、この命を使います。

自分の過去、現在、そして未来に感謝を込めて。

 

そして何より、僕がこう思えることは、あなたのおかげでもあります。

改めて、心から、ありがとうございます。

これを読んでくれているあなたも、幸せでありますように。

 

やっぱり長くなってしまいました。

書きたい事まだまだあるけど、これくらいにします。

読み辛く長い文章になってしまっていると思いますが、

読んでくださってありがとうございます。