一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

情けは人の為ならず。自分のために、偽善者になるということ。

こんばんは。今日は、僕の師匠の師匠の、出版記念パーティがありました。いろいろと初めての経験で、とっても楽しかったです!

 

昨日の、留学生の友人の赤ちゃんが、

無事に生まれました。

f:id:makoto_taira:20160419125636j:plain

こんなメッセージをもらいました。幸せです。

 

昨夜2:18分頃に、赤ちゃんが生まれた

男でした

本当に色々大変だった。

助けてもらってありがとうございました。心から感謝しています。

 

2人とも、おつかれさまでした!そして、あかちゃん、ようこそ!!!

いっしょに遊ぶのが、今から楽しみです。

 

病院にお連れするという、光栄なことを僕ができて、

こんなにうれしい言葉をもらえました。

 

その理由を考えてみると、

「情けは人の為ならず」

という言葉にいきつきました。僕の大好きな言葉です。

 

この言葉の意味、知っていますか?

僕は昔、「情けは人の為にならない。」

という意味だと、思っていました。

 

本当はぜんぜん違う意味なんですよね。

 

改めて調べてみました。こちらです。

情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよという教え。

 

自分が親切にすると、誰かが自分に親切にしてくれます。

皆が嫌がることも、進んでやると、自分が困っているときに、誰かが助けてくれます。

 

嫌えば、嫌われる。

避ければ、避けられる。

尊敬すれば、尊敬される。

愛せば、愛される。

 

これはこの世のすべてのことに、当てはまるのかもしれません。

 

 

たとえば、

落ちているごみを拾うこと。

募金をすること。

 

時には、「偽善者」といわれます。

でも僕は、「偽善者」といわれてもいいと思います。

やらぬ善より、やる偽善。

 

例えばみんなの部屋のゴミだしをしたり、掃除をしたり。

みんなが嫌がるようなことを、僕はすすんでやります。

 

こんなとき、僕は、「ラッキー」って、思います。

なぜなら、自分のよい行いは、何らかの形で自分にかえってくると、思っているからです。

「運がよくなる」といえるのかも、しれません。

まさに、情けは人のためならず。

つまり僕は、「自分のため」に、「いいこと」をやっています。

 

今回も、留学生の彼は、僕を頼ってくれました。

いつも僕が、「タイミングが合えば、僕にできることなら何でもするよ」といっていたからだと思います。

おかげで彼は、ラオス料理をご馳走してくれたりします。

 

そして今回、こんなうれしい言葉をもらったのです。

 

 

以前、友達のおじいちゃんが、僕を海に連れて行ってくれました。

そして、うなぎやアナゴ、ふぐやタコなど、とれたてのおいしい料理を振舞ってくれたときのこと。

僕は、超おいしくて幸せで、あまりにも大きい恩を受けたので、何とか返したい!と思っていました。

そして、「何か僕にできることはないですか?」と聞きました。

すると彼は、

 

「直接返さなくてもいいんだよ。またいつか、たいらさんが、ほかの誰かに返せばいいんだよ。」

 

と、教えてくれました。

 

いつか僕も、孫の友達に何かを与えられるような、そんなおじいちゃんになりたいと思います。

 

僕は、いろいろな人に助けられて、生きています。一人では何もできません。

たくさんの人に受けた恩を、ほかの人に、僕にできる形で、返していきたいと思います。

 

今日も新たな経験と、ゆったりとした時間と、すてきな出会いのあった1日に感謝。

読んでくださって、どうもありがとうございます。