一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

〜しなければ!〜すべきの罠から抜ける秘訣。ライオンへの恐怖、遊んで欲しいハムスター。

https://www.instagram.com/p/BhlbTyhl-nv/

はじめに言っておきますと、

こんなタイトルなのに写真はハムスターじゃなくて、ライオンでもなくて、狼。

残念だが時間がない。

 

こんばんは。

なんとなく寝る前にブログをばーって書くことに慣れてきた。

今日、「そうか、毎日更新できるじゃん!」とふにおちた。

そんなことを言いながら結局できなかったらやばいじゃんとか思いながらだからこそここに書いておく。

なんかかきたくなってきた。僕はやっぱり、

表現して、それが誰かの何かに役に立つことに、

わくわくする。おかげさまです、ありがとう。

 

さて本題に入ります。

僕たち人間って結構、

「〜しなければ」とか「〜すべき」って、

思ってるんじゃないかな。

しかもそれに何かしらの恐怖や、

マイナスのモチベーションを持ってることも、多いよね。

それって罠ですよね、自由に生きれなくなるための。

 

自由に生きてもらわないほうが都合が良いから、

誰かが何かの目的で「設定」しているのかもしれない。

 

 

 

やりたくもないことの奥には何があるんでしょう。

 

〜しなければ怒られる、

〜しなければ自分で自分を責める、

〜しなければ不幸になる、

 

何かしらの恐怖、マイナスのモチベーション。

 

そんなものを持っていて意味があるんだろうか?

 

 

生き物に例えればわかりやすい。

 

 

もしも、「すべき」が動物だったら。

 

恐怖している「すべき」の使い方、例えるならライオン。

 

しかも、あなたは裸で檻の中。

そりゃ、恐怖するのもわかる。

むしろ存分に恐怖するだろう。

 

だけど、同じ「すべき」も使いよう。

上手く使うことさえ出来れば、

エネルギーをあげたり、理想の自分になったり、弱い自分を避けたり。

 

だとすれば「すべき」は、恐怖の対象=ライオンではなく、

例えばハムスターみたいなもん。

一緒に遊べば癒される。=うまく使えばプラスを生む。

 

イメージしてみましょう。

ハムスター。

片手の上にちょこんと乗るサイズ。

ずっと遊んでくれないあなたに対して寂しがっている。

遊んでくれないならせめて、クルクル回るあれをくれよ。そしたら勝手に遊ぶから。

と思っているかもしれない。

 

うまく使えば味方になる、

可愛くて小さくて遊んで欲しい「ハムスター」の「すべき」ちゃんを

勝手に信じて、恐怖して、固まって「ライオン」にしているのは、「あなた」です。

 

アホらしくなりませんか?だってハムスターですよ。

ひまわりのタネ食ってるんですよ。

 

人ってなんでもそうやって、勝手に幻想を抱いて信じて、

それを理由にエネルギーを下げたり、固まったり、苦しんだりしてる。

 

本当は絶対的な悪なんてない。

あるとしたらそれはあなたの固定概念、目線によって存在しているだけ。

 

「〜すべき」だって、使い方次第で、使うのはあなた自身。

 

 

ちょっと考えてみてください。

 

全てを味方につける人生、それによってエネルギーが上がり続ける人生。

一方で、時々味方もあらわれるけど、敵もいっぱいで、結構しんどい人生。

 

あなたは、どっちがいいですか?

 

考えるまでもないよね。

敵と思ってる人も、現象も、存在も、概念も、

誰がそれを敵と決めたのか。

誰がそれを敵と信じているのか。

他ならぬあなたですよね。

 

あなたを悩ませるそれを、動物に例えて考えてみたらいいかも。

なにかを擬人化したり、動物に例えたりするアプローチって

結構使えると思ってる。

 

そして動物のイメージっていざという時かなり使いやすい。

「すべき」の罠に気づいたら、「ハムスターのすべきちゃん」を思い出す。

 

 

誰かを理由に何かをやったところでなんの意味もない。

例えば恐怖から。

 

誰かの人生を生きるんですか?

 

自分の人生を生きたほうがいいんじゃないの。

 

だけど、自分の人生を広げていけば、

目の前の何かは、つくりたい未来のワンシーンになる。

そしたらすべきことも、しなければも、ない。

全てはやりたいこと、そのための手段。

だったらやりたくないこともやりたいことにしちゃおうよ。

 

そうなったら既に敵はいない。

全てが味方、全てがエネルギーを上げてくれる。

 

そんな人生を始めよう。

 

 

今日は、エネルギーが溢れている一方で、ちょっと表現難しかった。

それはそれで、ご勘弁を。もっと良い表現を探してゆきます。

お読みいただき感謝。

 

今日も、ありがとう。

いつも、ありがとう。

 

 

まこっちゃん