一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

感謝の念こそ、既に受けたものに対する最も素直なる応答。魂の響きの同調。

 

https://www.instagram.com/p/BdGhnCJlGmx/

ハッピーメリークリスマス!一日、ずれた。

おはようございます!

 

今日、100日行32日目から、

第二篇「幸福と繁栄の根本原則」に、

入ります。

 

今日の内容は、
「感謝によって一切のものと和解せよ」

 

 

ピンときた内容引用

こらえたり我慢しているのでは心の奥底で和解していぬ。

感謝し合った時本当の和解が成立する。

 

感謝の念こそ、天地一切のものと和解する最善の魂の響きであり、既に受けたものに対する最も素直なる応答であり、これから将に来らんとして、”実相の世界”に既に準備されている善きものを”現象の世界”に受像するための魂の響きの同調であるのである。

 

感謝が、

もっとも素直な応答。


これ、素敵な表現だ。


「感謝しろ」

と言われても、

実際のところ、とても感謝なんてできるか!

みたいなできごとも、いっぱいあるのかもしれません。


そんな時、

どう捉えたら、感謝できるか、

考えてみます。


思考習慣は、"慣れ"もあると思う。

わかんないけど、まずやってみるのも、いいかもしれません。



①起こることは全てベスト

まずはこれ。

起こることには、

プラスもマイナスもない。

あるのはただ、必然。


となれば、

感謝なんていってられない今の目の前の出来事も、なにかしら気付いたり学んだり進んだりするために、

おきてくれている。

だから、ありがとう。



②価値観の違いは一番学べる

次はこれ。

合わない人って、いるよね。

価値観が違うんだから、そもそもわかりあえるはずもない。

あーーー、腹立つ!!!

でもね、

価値観が違う人

=自分が思い込みに気づき、世界が広がるためには、

「一番ありがたい相手」

なんです。

その怒りや、悲しみなどなど、

感情の背景には、必ず

自分が信じている概念

があります。


感情の奥を見て、

それを発見し、

改めて

「どういう自分でいたいか」

「何を信じていきたいか」

を、選択する。

これによって、感情にとらわれることはなくなりますね。

だから、ありがとう。


③現実は自分が作っている(有責)

「全ては自分の(潜在意識も含めた)望んだ結果」

という考え方。

全ての願いは叶っている。

よって、私はしあわせだ。

強引ですが、

量子力学や脳科学でも、こういうことになるらしい。

おもしろいよね。

自分が作っているとなれば、

自分次第ということになる。


自業自得。

因果応報。


誰かや、環境、世の中などの、

せい

にすると、自分ではどうにもできない。

自分の

せい

にすると、全ては自分次第。

自己責任の自由。

これがレヴィナス先生のいう、

有責

かな。

これって、めっちゃありがたいことやと思う


④ピンチはチャンス

ピンチであればあるほど、

人は成長します。

日々の積み重ねが、問われます。

人間力が、試されます。

ピンチだからこそ、

おもしろい。

スパイスみたいなもの。

ある程度の負荷があったほうが、大きく動く。

ピンチピンチチャンスチャンスランランラン♪♪♪

⬆️ピッチピッチチャップチャップランランランの、リズムで

ピンチにはこんなことを、いってみてはいかがでしょう。

ありがとう。って、思えるかも


⑤全ての結果、いまがある

ここで伝えたいのは、連続性というか、積み重ねというか、なんというか。

例えば、

超幸せな瞬間

が、存在するためには、

過去の全てが必要だった。

苦しみも、怒りも、悲しみも、

なかったことにしたかったなにかも、

全てによっていまがある。

辛い今にもそうやった感謝できる日が、

来ないわけがない。

だから、ありがとう。


⑥不幸中の幸い

これ、結構使える。

運命を呪いたくなるようなタイミング、

そこで発揮するは、我々ホモサピエンスのカードのひとつ、「想像力」

「もっとひどい今」を想像すれば、

「まあまあひどい今」にも、感謝できる。

まだマシなんでしょう?

想像の話でしょ、

と思ったかもしれませんが、

実際的に、

もっとひどい今

が存在する可能性も、確かにあったんですよね。

となれば、

ありがとう

でいいやん。


⑦前だけに動くブランコはない

ブランコは、前にいったり、後ろにいったり。

前だけに進むブランコがあるなら、見てみたいわ。

それたぶん、もはやブランコじゃない。


つまり、

幸せのためには不幸が必要で

おいしいのためには不味いが必要で

好きのためには嫌いが必要で

、、、

みたいな。


人生のプラスとマイナスは、波のように進んでいるのだと、思います。

波の

は、人それぞれ。

そんなに落ちもせず、そんなに上がりもせず、

平坦な人生を望むなら、それもよし。


逆に、ジェットコースターのような人生を望むなら、それもよし。


幅は、人それぞれだけど、

プラスとマイナスは、絶対的にバランスをとる

のだと思います。

つまり、最悪な今は、最高の未来に、繋がっている。

だから、ありがとう。



⑧色眼鏡をかける(フォーカス)

最後。

スマホで書く記事、疲れてきた。

なんか、目がいたい。


ふだん、パソコンでかけること

ふだん、いたくもかゆくもなく働いてくれている、目。

ありがとう。


さて、

色眼鏡とは。

例えば赤いフィルターを目の前において、

世界を見ると何色に見えるでしょうか。


赤ですね。

バカにしているわけではありません。


しかし、人は無意識で、それをやってしまう。


最悪だと思えば思うほど、

最悪の理由を探す。


幸せだと思えば思うほど、

幸せの理由を探す。


ありがとうって、思っちゃえば、

充足にフォーカスできる。


不足を見るから、感謝できないんだよね。


でもよくよく考えてみれば、


ある


じゃん。

生きてるじゃん。

当たり前だったいろんなこと、

当たり前じゃないことも、あるんじゃん。

だったらいまに、

ありがとう。

ってなるよね。


いかがでしょうか。

なんか、バーっとかいてしまいしたが

あなたのお役に立てれば、、、

ありがたいです。


今日もありがとう。

いつもありがとう。


まこっちゃん