一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

一人会議のススメ。手で押すのはもうやめよう、実は誰もが持っている「お宝満載の貨物自動車」

https://www.instagram.com/p/BclwQKkFORY/

 

おはようございます。

昨日は素晴らしい時間でした。

ストーリーが大きく進むきっかけとなるような欠片がたくさん見えた。

それをいろんな角度から見つめてみる。いろんな展開を想像する。

 

そして、確実にその分、自分自身に求められるレベルも上がっている。

それが大変でもあり、面白い。ありがとう、世界。


さて、100日行20日目です。

今日の内容は、

「もっと神と語る時間をもとう」

 

ここでいう神とは、内なる自分であったり、

自然であったり、天であったり、宇宙であったり。

イメージしやすいナニカでとらえよう。

 

ピンときた内容引用

あまりにも多忙と喧騒に満たされている現代に於いては、

人はややもすれば、神と偕に静かに坐する時間を失い勝なのである。

 

もっと神と偕に静かに坐する時間を持ち、

神と偕に語る時間を持ち、

神の声を静かにきく時間を持つようになるならば、

 

世界に平和は来り、軍備は縮小され、平和産業に資金は移動して、

もっと裕かに幸福な天国が地上に実現するようになるに相違ないのである。

 

現代人は、あまりに目先の現象的事物を追求するに急であって、宝を満載する貨物自動車を人間の手で引っぱって自分の家へ引っ張って行こうとするのである。

そして、その宝の車を走らせる原動力である”神”を動かすことを忘れているのである。

 

あなたは、どのくらい「一人の時間」を持っていますか?

 

自分と向き合ったり、

目の前の現象と向き合ったり、

誰かとの関係と向き合ったり、

過去の解釈を変更したり、

未来を想像したり。

 

ある現象を、どうとらえるのか。

何に気づくのか。何を学ぶのか。

 

これって、実はいつでもできること。

なにかをしながら、トイレでお風呂で、寝る前・起きた後・・・

 

そのうえで、

時にはじっくりと時間をかけて、深く感じ考え、

それを表現に行動に、繋げる時間も必要なのではないでしょうか。

 

「そんなこと言われても、忙しくて時間がない」

と、思うかもしれません。

僕が起業塾に通っていた時の師匠は、

”一人会議”をオススメしてくれました。

 

スケジュール帳に、書いちゃうのです。

この日の、この時間は、”一人会議”をする、と。

そこには予定を入れない。

 

スケジュール帳を使う習慣がないならば、

とにかく日時場所を決めちゃうのです。

空間を変えてみるのもいいと思います。

 

 

 

てこの原理ってあるよね。

支点・力点・作用点。

小さな力で、大きく動かす。

 

今の忙しい毎日を、表面的に捉えるならば、

「”一人会議”なんてやってる時間がない。」

となる。

もうちょっと全体を、俯瞰してみてみると

「”一人会議”によって、少しの時間を失い、たくさんの時間を得る」

ということに気づけるのではないだろうか。

 

例えば、

改めて自分がやりたいことがわかったり、

ストレスになっていたものに気付き、それが解消したり、

リラックスできて、体の心の、パフォーマンスが上がったり。

 

こういう”時間の投資”をうまくやれば、

人生の時間はどんどん増えていく。

人生の物語はどんどん面白くなる。

決断のスピードもはやくなる。

 

一人会議の恩恵は、ずっと続くんだと思う。

 

 

目の前のさまざまにいろんな思い込みのフィルターを通してしまい、

とらわれ、ストレスを感じ、いやな気持ちになり、

それでも恐怖や焦り、その他によって

体の声や、直感、感覚を無視して進む。

 

そんなことを、もしやっていたならば、

そりゃあ、忙しくもなるし、

お宝満載の貨物自動車に、気付けるはずもない。

 

お宝満載の貨物自動車は、実は誰もが持っている。

それを運びたいだけなのに、

いっしょうけんめい、その車を後ろから押す人もいれば

ガソリンを入れて、エンジンをかける人もいる。

 

ガソリンを入れる行為は、実はいつでもできる。

常に、ガソリンを入れながら、生きることができる。

 

まずは、ガソリンで動かせるという概念を忘れないでいよう。

一生懸命おすよりも、結果そのほうが早いのは明らか。

そのうえで、ガソリンを入れることを続けよう。

ここでいう、

あなたにとっての、”ガソリン”ってなんですか?

 

 

これを書きながら、改めて自分に問いかける。

自分はその生き方が、できているか?

どう生きたいのか。この命何に使いたいのか。

 

今、”働く”とか”お金”の概念が、大きく変化してきている世界を感じている。

となれば、「お金の為に働く」必要がなくなる時代も近いということ。

そうなったときに、

何がしたいのか?どんな世界を創りたいのか?未来に、何を繋げたいのか?

そんな風に今と向き合うことが、常識になってゆくのかもしれない。

 

感情に、状況に、幻想にとらわれず、大切なことを見極めよう。選択と集中。

 

今日も、ありがとう。

いつも、ありがとう。

 

 

まこっちゃん