一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

心のテレビセットのつまみをひねって波長を合わす、3つのこと

https://www.instagram.com/p/BUc3SR5lLgn/

こんばんは。

今朝は、起きた直後のまどろみの時間の重要性を感じました。

締め切り時間を決めて、メッセージを受け取る時間にしよう。

 

今日は「ドリーム」という映画を見ました。10回くらい泣いた。また記事書きます。

 

さて、100日6日目です。

 

今日の内容は

「心の波長を神に合わす」

 

 

ピンときた内容引用

本当は「電波の世界」ではなくて、神の「霊派の世界」である。

地上には悲しみ、憂え、悩み、憎しみなどが満ちみちていて、少しも天国的な番組が人類の世界に実現してこないのは、心のテレビ・セットの”つまみ”をひねって、波長を合わすことをしない結果なのである。

 

 霊については昨日の記事で。

makoto-taira.hatenablog.com

 

さて、ここで重要なのは、

このたとえ話で言うところの

「つまみをひねって波長を合わす」というのは、

実際何なのか、ではないでしょうか。

 

この世界に天国的な番組を映すための、つまみはどこにあるのか。

 

一つの答えは、「感謝」やと思います。超シンプル。

僕は、生きているというのは、生かされているということだと思っています。

いつでも死ぬ可能性があるこの世界。

病気とか、事故とか、なんなら隕石でも降ってこようものなら今この瞬間死ぬ。

だけど、生きている。それはなぜか?

 

「役目があるから」だと、僕は思うのです。

この命を使って、なにかやることが、まだ残っている。だから死なない。

逆に死んだときは、「役目を終えたとき」だと思う。

となると、生きているだけで幸せを感じられる。感謝できる。

この立ち返る場所に、正解も何もいないけれど、

そういう場所があるのは結構大事なことなんじゃないかなぁ

 

こうやって思うことは、ひとつの「つまみをひねって波長を合わす」ことになるのではないだろうか。

感謝についていえば、起きることをプラスもマイナスもなく必然ととらえること。

そして、何のメッセージか?何に気づき成長するのか? を探し、起きたことに感謝すること。

も、大事だと思います。

 

次の答えのひとつ、「徳を積む」

徳ってなんなんやろう。

わからないけど、いいことをやること、みたいな?

 

僕はなんでも「やらせてもらってる」と思うことにしている。

例えば掃除、例えば誰かを喜ばせること、例えばお手伝いすること。

この宇宙はポイント制で、貯めたポイントがちゃんと何かになって返ってくる。

と、僕は思っている。

特に大事なのは陰徳。誰にもみられずに、いいなと思うことをやる。

そっちのほうがポイント高いんだよね。お天道様はいつでも見ている。

 

ちょっとせこいけれども、

ポイントとかいいながらも、コツコツやっていると

確かにプレゼントみたいな嬉しいことが来てくれます。

相関があるのかないのか、わからないけどそんなことはどっちでもいい。

自分が動いて誰かが喜ぶのなら、それだけでもいいじゃない。

 

もうひとつ、と書きながら今思ったのは、このテーマきりがない。

だから、これでキリがいいし、ラストにしよう。

「好き」を大事にすること。

人は人、私は私。

みんな違ってみんないい。

自分の感覚は自分のもの。

ちいさなことでも、

好きなこと

ここちいいこと

やりたいこと

わくわくすること

たのしいこと

そういうことをやること、

そういう感覚を大切にすること、

そういう時間を持つこと、

そんな、自分でいることは、

「つまみをひねって波長を合わす」

ことになる気がします。

 

なんか、昨日も今日もピンとこない感じになってしまったけれど、

これは一つの、「朝の時間が素晴らしいことの証明」ですね。僕の場合ですが。

やっぱり早起きしよう。そして100日行は朝やろう。

映画とか本とかその日の学びとか気付きとか、書きたいこといっぱいだから、夜はそっちに充てよう。というわけで明日は早起きします。

おやすみなさい。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

まこっちゃん