読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

感じたくない感情も全て、愛するということ 【全ての感情は自分自身】

こんばんは。まこっちゃんです。毎日更新再スタート二日目。もし毎日更新が途切れたら、

  • 普段だったら絶対に読まないジャンルの本を読んでレビューを書く
  • 書けなかった次の日に2つ記事を書く

この二つを実行します。ナイスなアイディアに感謝。

 

さて、ライフマスタリーという3日間のセミナーに参加してきました。

テーマは、健康。雄大な大自然の中で、ボディ、マインド、スピリットの3つの面から、健康、そして人生について学んできました。最高の仲間たちに感謝。

今日は、僕にとっての最も素晴らしいブレイクスルー(気付き)の一つをシェアします。

f:id:makoto_taira:20160712213831j:plain

 

目次

[contents:]

 

あなたが感じたくない感情

あなたが、感じたくない感情・避けたい感情は何でしょうか?

 

怒り

悲しみ

寂しさ

無価値感

限界

無意味

 

などなど、

誰でも、避けたい感情があるのではないでしょうか。

そして、その感情を避けるためにも、言われたくない言葉があると思います。

「意味ないよ」

「馬鹿じゃないの?」

「恥ずかしいね」

「迷惑だよ」

など。あなたにとってはどんな言葉でしょうか?

 

僕にとっては

僕にとって感じたくない感情は、「無価値感」でした。

そして言われたくない言葉を考えてみると、

「口だけだね」「意味ないよ」「やめた方がいいよ」「無理だよ」

などを思いつきました。

自分に価値がないとなぜいやなのか考えてみると、夢がかなわないからだと思います。

そして、価値がなければ、この世でやることがなければ、生きる意味がなくなってしまう。

もちろん、何があっても自ら死ぬことはありませんが、無価値感を避けたい理由を、このように考えました。

そして、自分との約束を破ってしまったとき、

この「無価値感」を感じていました。

無価値感、もしくは自己否定を感じると、悪循環に陥ってしまいます。

行動できなくなり、ますますうまくいかない。

頭でわかっていても、そんな状態になってしまう。

それを今回抜け出せたと感じたので、僕なりの解釈の元シェアします。

 

感じたくない感情を受け取るワーク

3日間のセミナーの1部に、感じたくない感情を受け取るワークがありました。

ざっくり説明すると、2人組になり、片方の人は感じたくない感情を渡す人。

そしてもう一人が、その感情を受け取る、というワークです。

最初は力いっぱい抵抗したり、避けたり、受け流したり、あらゆる方法で拒みます。

 

抵抗してみてわかったこと

抵抗してみて感じたことは、疲れるということです。

必死に抵抗し続けると、疲れます。普段の僕がこのような状態なのだろう、と感じました。

そしてあるタイミングで、受け取ります。

受け取ると、もう疲れません。その感情を受け取った瞬間に、次のように思いました。

 

受け取った瞬間に湧き出た気持ち

その感情は、深い感謝です。その感情を受け取りたくない気持ちのおかげで、今があるのだと気付いたのです。

もし、その感情を感じたくない状態でなかったなら、

つまり無価値な自分でいいと思っていたとしたら、今の自分は、今よりももっと「価値がない」自分だったはずです。

あくまで今の自分の解釈の元、ですが、価値を高められたのは「無価値感」のおかげなのです。

 

過去に感じたいやな感情全てに感謝

こう考えていると、今まで生きてきて感じた、過去のすべての「感じたくない感情」に対する、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、感じたくない感情も、感じたい感情も、すべてを感じているのが自分自身、両方が大切な感情なのだとわかりました。

 

おかげさまで、今がある

本当に、おかげさまだな。

そう思えたとき、自分に対する怒りや悲しみはなくなりました。

どんな自分も全て自分、そして愛しい対象であると感じました。

そしてセミナーを終えて、実際に自分との約束を破ってしまったとき、

具体的には、朝寝坊してしまったのですが、

自然に、「今の自分に必要なんだな」「体が休みたいんだな」「ありがとう、おかげさま」と感じることができました。

穏やかで満たされている気分です。

もう悪循環にハマることはないだろう、そう思いました。

もちろん、自分への約束を破ってしまうようでは意味がありません。

しかしそうならないだろう、と思えます。今後どうなるかは、また報告します!

 

今日もさまざまな気持ちを感じることができる1日に感謝。

読んでくださってありがとうございます。