一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

【たったの6秒】怒りとの上手な付き合い方。つい怒ってしまうあなたに。

おはようございます。短時間睡眠計画、今日はやっといい感じなまこっちゃんです。

 

先日、あるお母さんが「つい子どもに怒ってしまう」という悩みを聞かせてくださいました。

今日は、怒りの感情に上手に付き合う方法を、特に子どもに怒ってしまうお母さんに向けてお話しします。

f:id:makoto_taira:20160608061520j:plain

 

目次

 

怒ってしまう自分を否定しない

ついつい、怒ってしまうあなたへ。まず、大事なのは、「怒ってしまう自分を否定しない」ということだと思います。

怒ってしまうことに問題を感じていることはOKです。しかし、「怒ってしまう自分」を、自分で否定したり、責めたりしても改善に繋がりません。

まずは、「怒ってしまう自分」を認識して、受け入れることが大切だと思います。

「怒ってしまう自分」を許し、受け入れること。これが大切だと僕は思います。

 

自分を肯定しないと、子どもを肯定できない

自分で自分を肯定できないと、子どもを肯定するのも難しいです。

まずは、自分で自分を否定しない。そうすれば、子どもや周りの人も否定しない自分になれます。

自己受容の後に、怒ってしまわない自分になればOKだと思います。

 

「怒る」と「叱る」の違い

「怒る」と「叱る」の違いはなんでしょうか?

「怒る」とは、感情に身を任せる行為です。

ついつい大声で怒鳴ってしまったり、相手を傷つけるような言葉を使ってしまったり。

それに比べ、叱るは「相手の行動に改善を求める行為」です。

ここで大事なのは、相手の人格を否定しないことです。

「だからあなたはダメなのよ!」

「いつものんびりして!」

ではなく、あくまで行動にフォーカスして叱ります。

行動まで落とし込まないと、叱られてもどうすればいいかわからないこともあります。子どもは特に。

 

怒りの感情は6秒でおさまる

では具体的な、怒りの感情との上手な付き合い方です。

先日読んだ本で知りました。怒りの感情は、6秒でおさまるそうです。

たったの6秒です!びっくりですよね。

しかし多くの場合、6秒たたずに怒鳴ってしまったりします。

 

深呼吸して6秒待つ

こんな時は、深呼吸すればいいそうです。ゆっくり深呼吸すれば、6秒たつことが想像できます。

深呼吸して、感情に身を任せようとしている自分に気づくことができれば、もう大丈夫です。

自分を客観視することは、トレーニングすればするほど上達すると思います。

 

忘れちゃう?「6秒」のインパク

こういうノウハウを聞いても、実践するのはなかなか難しいですよね。

しかし、「6秒」のインパクトって大きいと思いませんか?

この強烈な印象を利用しましょう。

 

次怒ってしまいそうになったら、

①6秒を思い出す

②深呼吸する

このステップを踏めば、忘れずに実践できるのではないでしょうか。

僕の場合はこのやり方で、結構うまくいきました!

 

まとめ

いかがでしょうか。

  • 怒ってしまう自分を否定しない
  • 叱る=行動に改善を求めること
  • 怒りの感情は、深呼吸して6秒待つ

とってもシンプルだけど、大切なことだと思います。

深呼吸して6秒、ぜひやってみてください。お役にたてたら嬉しいです。

僕に悩みを教えてくれた友人に感謝。

そして僕も改めて、6秒待てる男になります。笑

 

 

今日もわくわくする1日に感謝。

読んでくださって、ありがとうございます!