読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

根拠の無い自信を一瞬でつくる方法。なにかの発表など、本番直前のあなたに。

こんにちは。今日も頑張っているまこっちゃんです。頼まれごとは試されごと、という中村文昭さんの言葉を大切にしていますが、全部引き受けていたら結構やばいですね。

 

さて、今日は、「根拠の無い自信を一瞬で作る方法」です。

f:id:makoto_taira:20160607145958j:plain

目次

自信がほしい時ってありますか?

あなたは、自信がほしい時ってありますか?

ちょっと大人数の前で話すとか、何かに挑戦することを決めるとか。

あなたが中高生なら、皆の前で発表する、というような機会もあるかもしれません。

そんなときは、自信もないし、緊張しますよね。

今日はそんな時に使える、根拠の無い自信の作り方、です。

 

状態を高める

「自信がほしいけど、自信ない~!」

そんなときは、あなたの状態はまず間違いなく、下がっています。

ですので、状態を高めればよいのです。

では、状態を高めるにはどうすればいいのか?

大きく分けて、次の3つがあります。ひとつずつご説明します。

 

1.焦点を変える

まずは焦点を変えます。自信がない時、不安なときは、何を考えているでしょうか?

「失敗したらどうしよう」

「うまくいかなかったらどうしよう」

など、おそらくネガティブなことに焦点を当ててしまっている状態だと思います。

そんな時は、ポジティブな面に焦点を当てます。

例えば、

「どんな結果になっても、挑戦した自分、すごいぞ!」

とか、

「うまくいって、良かったよ!って言われたら、どんな気持ちになるかな」

とか、

「感謝されると、嬉しい気持ちになるな」

とかです。

失敗をイメージすればするほど、不安になるし成功率も下がります。

成功をイメージして、わくわくのぞむためには、焦点を変えること。

ひとつ目はこれです。

 

2.身体の使い方を変える

次に、身体の使い方です。

不安でいっぱいの時、緊張している時、体の状態はどうでしょうか?

おそらく少しうつむいていて、呼吸は浅く、肩は閉じていて、顔に笑顔はないと思います。

そんな時は、まず10回ジャンプしてください。

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10!

 

そして、「あなたの最高の、過去の経験」を思い出します。

 

なにかに大成功した時?

とても楽しかった記憶?

目標を達成した時?

誰かの幸せを共に感じていた時?

些細な事でも構いません。

 

思い出したら、その時の体の状態を今すぐ、再現します。

おそらく、胸を張り、呼吸は深く、自然な笑顔になると思います。

 

この体の状態はこころにも反映されます。

ポジティブなイメージのもと、状態を作れば、

自然な自信を感じることになります。

 

3.言葉を変える

最後に言葉です。

「きんちょうする~、やばい!」

「自信ない、どうしよう。どうしよう。」

 

あなたは、こんなことを言ってしまうことがありませんか?

これは、あなたの潜在意識に

「ヤバイ状態、自信ない状態を作って、失敗させてください!」

と、司令を送っているようなものです。

潜在意識は素直ですから、

「仰せのとおりに。みんな!失敗させるぞ~!お~!」

とかやっています。

結果的に頭が真っ白になったりします。

 

僕はこんな時、「きんちょうすればするほど、うまくいく」という言葉を思い出します。

そして、できればそれを口に出していいます。

この習慣をつけてから、緊張するような場が楽しくなりました。

緊張はしますが、結果としてうまくいかないことが1度もなくなったからです。

この言葉は例ですが、「あなたが自信を得ることができるフレーズ」をつくって、

自信がほしい時に何度も唱えてください。

このとき、必ずしも気持ちを込めなくても、大丈夫です。

とにかく、「なんとかなる」「大丈夫」など、ポジティブな言葉を使ってください。

そうするとあなたの脳の97%の潜在意識が、あなたの味方になってくれます。

フレーズの作り方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

makoto-taira.hatenablog.com

 

まとめ

いかがでしょうか?

  • わくわくに焦点を合わせる
  • 最高な状態を思い出し、その時の体の状態を再現する
  • 自信を得るフレーズを作って、唱える

どれも、超簡単ですよね。ぜひ、試してください!

 

今日も頼まれて、喜んでもらえる1日に感謝。

読んでくださって、ありがとうございます。

コメントなど、大歓迎です。いつもありがとうございます。