一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

いきあたりバッチリ、お先MAX、一寸先はパラダイス しもやんの話

こんにちは。昨日も最高な学びとご縁にあふれる1日でした。

現状、インプットが多すぎていかしきれていません。

これから具体的な成果が出るまでの間は、アウトプットにフォーカスしたいと思います。

 

昨日は、この講演会に参加させていただきました。

栗城史多&下川浩二 講演会「弱者の勇気」

https://www.facebook.com/events/584678328356042/

お二人のお話に感動したことに加えて、懇親会でも最高の学びとご縁がありました。

皆様に感謝しています。

今日は僕目線での、学びを一部シェアさせていただきます。

f:id:makoto_taira:20160523125921j:plain

 目次

 

しもやんって?

しもやん(下川浩二さん)をご存知でしょうか。

ニックネームで呼ぶことで、関係も近づく、とのことで、

「しもやん」って呼ばせていただきます。

 

昨日の講演会では、坂本竜馬の格好をして登場。

腰には、おもちゃのけん(300円)。

僕は昨日、初めてお会いしました。

 

自称、キングオブおっさん。

僕の素直な感想、「こんなすごいおっさんおるんや!!!」です。

ほんまに、めっちゃ、かっこいい。

「こんなかっこいいおっさんになりたい」って、心から思いました。

 

半端ない職業

職業は、手帳屋さん、筆文字屋さん、講演家、セミナー講師、作家小説家、単独無酸素通販王、ミュージシャン、年一ゴルファー、サーファー、スノーボーダー富士登山家、マラソンランナー・・・。

お好み焼き屋さんや、工事現場で働いたこともあるそうです。

多分まだまだあって、これからもどんどん増えます。

 

「勝ち組」から、「楽しみ組」へ

しもやんは、チャレンジのスペシャリストです。

好きなことを2~3個とかではなく、数百個単位でやっています。

 

しもやんは、これだけいろんなことをやっていながら、

42歳で会社を辞めるまでは、何のとりえもない普通のサラリーマンだった、と言います。

今は講演をしていて、話もとってもわかりやすくておもろいのに、以前は人前で話すのも苦手だったそう。

 

そんな、普通だった自分が、50代になっても、好きなことにチャレンジしまくる。

「勝ち、負け」ではなく、「楽しんで」生きる。

 

こうすることで、誰かが、元気をもらう。

そして、

「しもやんもやってるし、おれもできるんちゃうかな?」

「ちょっとやってみよかな」

って、心のスイッチが入る。

一歩踏み出す勇気をもらう。

こういったことに繋がっていることを、実感しました。

 

「自由に解き放たれたら、ええやん!?」

そんなメッセージを受け取りました。

 

みんなできるんやで?

幸せって、好きな人と、好きなことを、好きなように、自由にやること。

好きなことを見つけるには、いろいろやってみること。

そして、全ての人が、

思ったらできる。素質がある。

 

50代になっても、まったくのゼロから、チャレンジしまくる。

こんな「生き方」を示されたら、大きな可能性を感じ、わくわくせずにはいられません。

素敵な講演を、ありがとうございました。

 

まとまってないまとめ

正直、しもやんは、すごすぎて、

僕の文章力では、伝えきれないです。無念・・・。

 

講演会のことなどは、今まであまりブログに書きませんでしたが、

これからどんどん書いていこうと思います。

これは僕にとっての、小さなチャレンジでもあります。

中高生のあなたに伝えたい。

「世の中には、めっちゃかっこいいおとなたちが、いっぱいおるで!みんなが、こんなおとなに、なれるんやで。」

 

そして書ききれないので、栗木さんの話は改めて書かせていただきます。

 

 

最後にいいお知らせです。

今回のしもやん、栗城さんに、中村文昭さんも加わった、3人のコラボ講演会があります。

中村文昭さんの本は、この記事でも紹介しています。

makoto-taira.hatenablog.com

 今日のしもやんの話だけでも、

  • おもろい話をききながら、なんか楽しくなる。
  • 可能性を感じて、わくわくする。
  • 自分を見つめ直すきっかけ。
  • 一歩踏み出す勇気をもらう。

このほかにも、具体的な行動のヒントもたくさん。

 

受け取れるものは、計り知れません。

興味がある方は、ぜひ下のリンクをご確認ください。

kokucheese.com

 

今日も自由な一日に感謝。

長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。