読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

シェア会に感謝。不快的領域にチャレンジする。

夢を見つける、夢をかなえる コミュニケーション その他? 幸せに生きる

こんにちは。近くの小学校では運動会をやってました。

僕の時代は9月だったような・・・。

元気な音楽でちょっとるんるんしているまこっちゃんです。

f:id:makoto_taira:20160521115216j:plain

 

シェア会に感謝

昨日は、このイベントに参加させていただきました。

アンソニー・ロビンズ「UPW・DWD」復習&シェア会in名古屋

https://www.facebook.com/events/1755797284633983/

 

 

このイベントは、アンソニーメソッドを学んでいる人、これから学びたい人の情報シェアの場です。シェアだけでなく、主催の木村玄司さんから学ぶこともできます。

 

昨日はこんな話がありました。

makoto-taira.hatenablog.com

 

この場のおかげで、僕はめっちゃアウトプットさせていただきました。感謝。

 

シェア会って?

このイベントについて、主催の木村玄司さんの投稿をシェアさせていただきます!

【コンディショニングしよう!】
昨日も名古屋でセミナー!
参加者の皆さんからも、すごく刺激をいただきました!
このセミナーは毎月開催しているものです。
なぜ、毎月、開催しているかというと、大きく3つ理由があります。


1つ目は、「広めたい」ということ。
多くの人の人生を変えてきた素晴らしいメソッドがあります。たくさんの人の夢を叶えるためにも、あるいは人を救うためにも、この素晴らしい学びを広めたいという思いがあります。


2つ目は、「仲間を作りたい」ということ。
志が高く、お互いを応援し合い、切磋琢磨できる仲間たちがいたら良いと思いませんか?そんな仲間たちを作っていきたいということがあります。


そして、3つ目は、「コンディショニング」です。
これは2つ目ともかぶります。
コンディショニングをおこなっていくことにより、モチベーションが維持できたり、より良いアイディアが生まれたりし、成果を出し続けることができるようになります。
では、コンディショニングとはどういうことか?
人は、ほうっておけば、また、元に戻ろうとする力が働きます。何もしなければ「あの時はあんなにやる気満々だったのに…」という感じになってしまうんです。
だからこそ、定期的に自分のコンディションをメンテナンスするる必要あります。
もう一度学びをおさらいしたり、仲間たちとあって意識を高めたり、自分が本当に望むものを確認したり、…ということを定期的にやっていくのです。
こういったことがコンディショングというものの一部になります。


これらの理由から、僕は毎月、このセミナーを開催しています。
(次回は6月17日(金)予定です)
あなたは、どんなコンディショニングをしていますか?
ブレインコーチ・・教育講演 木村玄司

 

実践し続けるために

いろいろなセミナーや、勉強会に参加して、素晴らしい学びを得ます。

しかし、学びを完全にいかし、実践し続けるのはなかなか難しいもの。

時間の経過と共に、情熱やテンションはどうしても下がってしまいます。

 

今回参加させていただいた、アンソニーロビンズのDWDの学びも、

「100%いかしきれていないな」という意識がありました。

 

しかしこのシェア会おかげで、皆様から改めて学び、アウトプットさせていただくことで、改めて自分自身の中に落とし込むことができました。

これから存分にいかしていくことが出来そうです。

 

このイベントに限らず、学びの場に参加すると、とてもいい影響をうけます。

こういう場に参加することはとても大切だな、と思います。

主催の方、そして参加者の皆様のおかげです。改めて、感謝。

 

不快的領域にチャレンジする

昨日やったワークのひとつに、「不快的領域にチャレンジする」

というものがありました。

 

僕なりの解釈としての学びをシェアさせていただきます。

 

人は誰でも、「やりたくないこと」や「絶対できないと思ってること」、

「居心地の悪い環境」などがあると思います。

 

例えば、

ある人にとっては、「高所恐怖症の自分が、スカイダイビングする」ことであったり、

ある人にとっては「タイ料理の、虫を食べること」であったり。

もしくは、「普段いかないような場に参加する」ということもあるかもしれません。

 

このほかにも、いろいろな「嫌なこと」があるのではないでしょうか。

 

「不快的領域を楽しめるかどうか」ということは、人生の質を左右するそう。

また、常に居心地のよい環境にいることは楽だけれど、

不快的領域にチャレンジすることは、成長に繋がるのだと思います。

 

ワークでは、適切な質問を投げかけてもらったりして、状態を高めてもらったうえで、

参加者一人一人が、「2か月以内にチャレンジすること」を決めました。

 

僕は何にしようか迷ったのですが、

2か月以内に「1か月間断食する」ことを決めました。

断食は前からやってみたかったので、嫌なことかどうか微妙ですが、

結構きついと思うので、これにしました。

 

決めたときは、「これでいいのかな・・・」と思っていましたが、今は納得できています。

普段から小食の健康法を実践しているので、いつかやろうと思いつつ、なかなかチャレンジする機会がありませんでした。ありがたいです。

まずは明日から、「一週間断食」してみようと思います。

 

大きなことでも、些細なことでも、なんでもいいのだと思います。

あなたも2カ月以内に、なにか「不快的領域」に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

今日も、いい天気の1日に感謝。

読んでくださって、ありがとうございます!