一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

勉強中、眠いときのカンタンな対処法。どれが一番!?【メッセージに感謝】

おはようございます。今日は卒業式、からの東京に学びに行きます。わくわくしているまこっちゃんです。

先日、このブログを読んでいただいた方に、メッセージと記事のリクエストをいただきました!ありがとうございます。一部紹介させていただきますね。

ブログも読ませていただきました。

娘も、勉強法のヒントやモチベーションアップを
知ることができると、喜んでいました。
そして、
勉強中に眠くなるのをどうにかする方法を
知りたいと言っていました。
まこっちゃんは、そんな時どうしてらっしゃいますか?
すでに記事の中にあったかしら?

まだ ありません!とっても嬉しいメッセージに、感謝です。

勉強中、眠くなるとほんとに困りますよね…

f:id:makoto_taira:20160322221901j:plain

というわけで、今日は眠くなったときの対処法について書きたいと思います。

以前、集中できる時間の限界について書きました。

makoto-taira.hatenablog.com

いっそのこと、時間を短く区切って休憩するというのも1つの手です。

詳しくはこの記事を参照してください。

 

また、仮眠をするのもアリですね。仮眠をする場合は、5分~20分がオススメです。

30分を超えると、本格的な睡眠に入り始めるため、起きたときに余計にしんどかったり、眠かったり、ということになってしまいます。

 

あとは、夜の睡眠の質を上げることも有効です。これについては、また後日、改めて書いてみたいと思います!

 

 

というわけで、今回はすぐに実行できる、以下の3つの方法をご紹介します。

  1. 眼球運動
  2. 「色」の効果
  3. タッピング

 

1. 眼球運動

まず、眼球運動について紹介します。これは、眼球を動かすことで前頭眼野を活発化させ、「見る」メカニズムを使って集中力を高める方法です。眼球運動の目的は、頭の中の雑念を消すこと、そして、次の動作に集中するための儀式のようなものです。やり方は簡単。次の通りです。

①身の回りの四角いもの(ノート、机、黒板など)の中央を見つめる

②頭を固定し眼球だけを動かし、四隅を1,2,3,4,5,6,7,8,と、左回りでゆっくり2周眺める

③右回りで同じように2周

④終わったら深く息を吐く

是非やってみて、効果を実感してみてください!

 

2. 「色」の効果

次に「色」の効果を使う方法です。例えば黄色いふせんを机や筆箱に貼り、「これを3秒見つめれば集中できる」と決めつけてしまいます。

黄色は、信号機で「注意」としてつかわれていますよね。実は黄色は、網膜上で焦点を合わせやすく、集中を高めやすい色だと考えられています。

これをやってみてうまくいった方は、勉強のペースを上げたい時に赤、リラックスしたい時に緑など、状況に応じた集中状態をつくることも面白そうです。

 

3. タッピング

最後に、「タッピング」という体への刺激を使う方法です。やり方は超簡単です。

①目を閉じて、ゆっくり、深く呼吸する

②手のひらを太ももに置く

③その手で太ももをリズムよくたたく

こうすることで、体から脳にリズミカルな刺激が伝わり、セロトニン神経系を活発化させ、集中状態を作りやすくします。

 

 

ある生徒にやってみてもらった結果、タッピングはとても効果がありました。

眼球運動は脳を鍛えることにもなるので、おすすめです!

やってみた方は、どの方法がよかったか、コメントくださればめっちゃ嬉しいです!

 

今日も楽しみな1日に感謝。

読んでくださってありがとうございます。

シェアやブクマ、励みになっています、感謝!