読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

あなたの夢は、目的ではなく手段かも!?将来の夢の、その先。

価値観 夢を見つける、夢をかなえる

 おはようございます。予約投稿という機能を知り、何時に予約するのがいいんだろう…。と考えている、まこっちゃんです。

f:id:makoto_taira:20160318233356j:plain

 

昨日は大きな夢も、「どうせ無理」と思わず、小さなステップに分ければOKということを書きました。

 

makoto-taira.hatenablog.com

 

今日は、小さなステップを考えるにあたり、大切になると思われること、

将来○○になりたい。○○の仕事に就きたい。○○を達成したい。

こんな思いの、その先について、考えてみたいと思います。

 

例えばある人が、「医者になりたい」という夢を抱いたとします。

たくさん勉強して、いろいろな経験して、

医者になれたとします。

この時点で、「医者になる」という夢はかなったことになります。

もしくは、医者になるために必死に勉強して、努力して、それでもさまざまな理由で、医者になれないかもしれません。

この場合、「医者になる」という夢は叶わなかったことになります。

 

これでいいのでしょうか?

 

 

大切なのは、

どんな「医者」になるのか。そして、「医者」という仕事を通して、何をしたいのか。何を得たいのか。

ということだと思います。

 

例えば、「医者になること」を手段として、

「たくさんの人の命を救いたい」という目的を達成したいのなら、

 

医療機器の製造・販売にたずさわること、薬についての研究・開発をすること、もしくは、消防士になること、などの手段もあると思います。

その仕事を通じて、何をしたいのか。

「医者になること」以外にも、目的を明確にすることで、他の様々な「手段」を考えることができます。

 

逆に、「何に問題を感じているのか」「どういう目的を達成したいのか」を考えることで、その手段としての「夢」が明確になるかもしれません。

 

「医者になる」という手段だけにフォーカスして、必死に頑張って、それでも医者になれなかったとしたら、

とても辛くなります。何もかもおしまいだと思うかもしれません。

 

医者はひとつのたとえですが、

あなたの夢・目標は、手段でしょうか。目的でしょうか。

 

手段なら、最終目的は、なんですか?

 

最終目的にフォーカスすれば、たくさんの選択肢が見えてきます。一つの「手段」にこだわる必要もないかもしれません。

そしてそれをかなえるための小さなステップにも、たくさんの選択肢がうまれます。

 

僕の場合、今の時点での、自分なりの最終目的が明確になることで、

いろいろな小さなステップをクリアするのが、とても楽しくなりました。

また、これは高校や大学などの進学先や、就職先を考えるときにも、必ず役立つと思います。頑張る理由、弱い自分に勝てる理由にも、なります。

 

参考になればうれしいです。

 

今日もわくわくする一日に感謝。

読んでくださってありがとうございます!