一生つなわたり

遊びと学びの連続、一生つなわたりで生きるまこっちゃんのブログ

超簡単!高い壁は、小さな階段にしちゃおう【どうせ無理はありえない】

おはようございます。今日は楽器の博物館に行きます。楽しみにしているまこっちゃんです。

f:id:makoto_taira:20160318091021j:plain

 

 

あなたの夢はなんですか?

僕は中学生の時、こんなことを聞かれると、嫌な気持ちになりました。

将来の夢なんて、わからなかったからです。

今は、嫌な気持ちや、不安になる必要なんてないんだと、わかりました。

よかったら前の記事をご覧ください。

makoto-taira.hatenablog.com

 

いろいろやってみて、夢のかけらが見つかった方もいるかもしれません。

既に夢と思えるものを持っている方もいるかもしれません。

 

今日は、どんなに大きな夢でも、今日から確実にその夢に向かう、カンタンな方法をご紹介します。小さな夢や目標にも使えます。

 

大きな夢を抱いた時、できる!と思えば問題ありません。

しかし多くの場合、大きな夢は、それだけ実現も難しいと感じるのではないでしょうか。

 

例えば、ある中学生がこう思いました。「宇宙飛行士になりたい。」

しかし、ちょっと調べると、宇宙飛行士になるのは難しそう、ということがわかります。もしくは周りの人に、そんなのどうせ無理だ、と言われるかもしれません。

 

それでも、できる!と思って行動出来たら、問題ありません。

しかし、「どうせ無理だ」と思ってしまったら、それっきりだと思います。

これは、自分で自分の可能性を狭めている、ということです。

 

f:id:makoto_taira:20160318091932p:plain

壁は高ければ高いほど、こえるのは難しいと感じると思います。

「どうせ無理」という思いは、潜在意識にすりこまれます。

 

これは、「夢の実現」をゴールとした時、反対方向に全力で走っている状態です。

この状態だと、夢をかなえるのはとても難しいです。

 

しかし今この瞬間から、「反対方向へ全力疾走」している自分に気が付き、立ち止まり、向きを変えることは、出来ます。

 

どんなにゆっくりでもいいので、正しい向きに、つまり「夢の実現」に向かって、前進すればいいということです。

 

具体的には、高い壁を、小さなステップに分けます。

f:id:makoto_taira:20160318092042p:plain

確実に、1段1段のぼっていけば、最終的には同じ高さに到達できます。

 

しかも、

小さなステップを達成するたびに、力が湧いてきます。

自己重要感を感じ、自分に自信がつきます。

成長を感じ、やる気もどんどん出てきます。

 

どんなに小さく分けてもいいんです。

そして今日、小さな小さなステップのクリアに向けて、時間を使えばいいということだと思います。

 

いかがでしょうか。

明日は、夢の種類について書いてみたいと思います。

 

今日も、乗り越えるべき困難をあたえられた一日に感謝。がんばります。

読んでくださって、ありがとうございます!