一生つなわたり

山形の偏狭で、遊びながら、学びながら、地球と共に生きるまこっちゃんのブログ

「今」のありのままで、通った道を残す。毎日生まれ変わり続けたい。

お久しぶりです。お元気ですか?

まず、お読みいただきありがとうございます!

 

まったくもって勝手な話ですが、僕は僕のためにブログを再開することにしました。

 

 

あらえびすに来て、約2か月半。

最高の仲間と共に、数えきれない学びや気付き、経験。

笑ったり、落ち込んだり、幸せすぎたり、しんどかったり、変化し続ける毎日。

上がったり下がったり、うねる波の幅が広がり続け、あっという間に過ぎていく。

 

なによりも一番大切なことを、一番大切にできる喜び。

それを追求し続ける。

自分と、人と、自然と向き合う。

数か月前が、数年前と思えるほど。

 

ここ最近潜っていたのが、一気に晴れました。

そのはなしはまた書かせていただきたいですが、

今日は結果として気付いたこと、今後意識していきたいことを書きます。

 

1.自分と向き合い、表現する時間を作る

気付けば自分と向き合い、表現する時間が無くなっていた。

ある意味常に自分と向き合っているんだけど、やっぱり表現することで、改めて空っぽになれるなと思った。

思考して表現する時間をつくることで、その時々目の前に集中できる。

人に

この時間が大切なのは当たり前だけど、まずこの時間を作ることを決めました。

結果的に、だいたい毎日更新できたらいいな。

 

2.変化し続ける。通った道を残す

毎日の変化が発信に追いつかなかったけど、それでも通った道を残そうと思った。

変化し続けるのは当たり前。

仲間のしゅんしゅんは、「ブレることにブレない」と表現しているけど、まさにその通り。

nijiiroahuro.hatenablog.com

毎日生まれ変わり続けていきたい。

そのうえで、「今」の自分での学びを共有し、通った道を残せれば、それでいい。

 

3.完璧であることをやめる

このブログで発信する以上、少しでもいいものを届けたいし、貢献したい。

それはいまでももちろん、これからも変わらない。

でもそのために、もっと大切なことがおろそかになるわけにはいかない。

やることがいくらでもある中、限られた時間で完璧を求めたら、発信なんてできない。

結局、見栄を張りたいだけ、大きく見せたいだけじゃないの?麓(ロク)ちゃんのように。

 
f:id:makoto_taira:20161208224818j:image

威嚇して自分を大きく見せる、あなほりふくろうの、ロクちゃん。かわいい。

 

そもそも自分なんて空っぽで、ちっぽけで、何もない。

ありのままできる範囲で、発信していきます。

 

伝えたい、あらえびすのこと

そして、遊べる地球を一緒に、未来に繋げたいこと。

毎日あらえびすで感じていること。

全部が誰にとっても自分事で、とっても面白くて、地球を生きる上で大切なこと。

いっしょにわくわくわちゃわちゃしながら、遊びたい。

だから、伝えていこうと、そう決めました。

 

これからも、よろしくお願いいたします。

早起きってやっぱりいいね。タイトルもプロフィールも変更します。込めた想い。

おはようございます。

最近、1日のはやいこと、はやいこと。

夢中になって大工仕事をしたり、水源に伏流水を汲みに行ったり。

f:id:makoto_taira:20161001055134j:plain

畳み切り職人(この道一筋20年。うそ。)

続きを読む

大学院をやめました。心からのわくわく感は、作れるのか?

おはようございます。

今日は、ブログをかけていなかった時の話をちょっと振り返ります。

f:id:makoto_taira:20160928063752j:plain

続きを読む

書きたいことが多すぎて困る。とりあえず好評なので、「逆観」二日目。

おはようございます。

f:id:makoto_taira:20160927055143j:plain

 

昨日はこんな記事を書きました。 

makoto-taira.hatenablog.com

 

朝のミーティングまでの今の時間、ブログを書こうと思いつつ昨日の1日を振り返ると、

いくらでも表現したい学びがあって困りました。

結果、とりあえず好評だったので、「逆観」二日目です。

続きを読む

シュタイナー教育の「逆観」で、山形生活1日目を振り返る。

こんばんは。山形生活1日目を終えた、まこっちゃんです。

いきなりですが、あなたはシュタイナー教育をご存知でしょうか?

シュタイナー教育とは、20世紀はじめのオーストリアの哲学者・神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した「教育芸術」としての教育思想および実践であるヴァルドルフ教育を、日本で紹介する際に名付けられた呼称のひとつである。

シュタイナー教育では、教育という営みは、子供が「自由な自己決定」を行うことができる「人間」となるための「出産補助」であるという意味で、「一つの芸術」であると考えられている。

僕も詳しいわけではないのですが、シュタイナー教育では、「逆観」という、面白い習慣が取り入れられています。

 

逆観とは、「一日の生活を逆の順序で振り返る」ということです。

朝から順番に振り返るのは簡単ですよね。これは左脳が働くそうです。

逆から振り返ることで右脳を働かせれるとのこと。

今日は、ちょっとやってみようと思います。

f:id:makoto_taira:20160925200520j:plain

続きを読む